夢を語る

私が「いつか、専業ママ達対象の人材紹介業をやりたい」という夢を持つようになったのは
今は亡きクラシック・フルートの師匠から、たくさんの素晴らしいものをいただいた経験が大きいです。

師匠には10年師事しました。
あちこちのコンクールで優秀な成績を修める、多くの音大生・音大受験生を門下生に持ちながら、
その門戸はアマチュアのママ達にも開かれていました。
音楽に全く縁のない人生を送ってきて、大人になって余裕ができたので 
音楽を始めてみたい、というママやパパ、おじいちゃまに
師匠は音楽の心を教え、実に贅沢な演奏の機会を与えられてきました。

これは数年前の発表会。
一流のプロの弦楽器奏者の方々とのフルート四重奏。



アマチュア門下生は皆、「冥途の土産」と言っていました 笑

お弟子さんの中には、楽譜を読めないおじいちゃまもいらっしゃいます。
その方は、こうおっしゃっていました。

「昔音楽喫茶で聴いた『アヴェ・マリア』を自分の手で演奏できる幸せがわかりますか?」と。

そして、30年近く独学でフルートを吹いてきた私にも、師匠はとてもロジカルに、
かつ小学生にもわかるように 音楽の素晴らしさを教えてくださいました。
「びわ湖国際フルートコンクール」の主催者のお一人でいらっしゃる
白石孝子先生の公開レッスンを受けるという、とても光栄で名誉な機会をいただきました。
その時の曲、MozartのコンチェルトD-dur 2楽章。
(音がでます、注意!!)

http://www.youtube.com/watch?v=x7NGlntuLY0&feature=related

シンプルな曲を美しく吹くという 音楽の最も大切なことを教えていただきました。
心が疲れた時は、いつもこの曲を聴いています。
師匠から励ましてもらっているような気持ちになるので。

師匠は、57歳という若さでこの世を離れられるまで、ご自分ができるすべてを使って
人に「音楽の幸せ」を与え続けられました。

私も、師匠には及ばないけど、自分ができることで人に幸せになってほしい。
そう思い、働くチャンスの少ない人たちに 働く幸せを提供したいと思い
「ママリク」をそろそろとスタートしました。

先日出席した「女性起業家交流会」で、㈱ライズサーチの内田奈津子社長がおっしゃっていましたが
事業を成功させる一番の秘訣は、「夢を語る」ことだそうです。
私も時々こうして、夢を語っていこうと思います。

コラムのTOPへ戻る